山梨ニホンミツバチ保存会では、11日に兵庫県在住の、ニホンミツバチ養蜂家、神崎良三氏を招いて講演会を開催しました。
約、60名ほどの会員が参加し、盛況のうちに終了いたしました。
いつもは会長の大久保が、講師となって技術的なものや、取り巻く環境などについて話を進めるのですが、神崎氏のお話は学校での養蜂をメインに話が進められました。
違う視点からの、ミツバチの話は新鮮で、会員のモチベーションのアップに繋がったかと思われます。